暦 占いカレンダー
九星気学占いスクール

2018年

2月

二十八宿

 二十八宿は、古代中国の星座を示しています。もともと、二十八宿は月の天球上での位置を示すために用いられたもので、 純天文学的なものでした。これが年月日に配当されて、それに付随して吉凶が与えられたものです。この二十八宿は、中国からインドへ渡り、 宗教上の理由から牛宿を除く二十七宿となり、主に日の吉凶を判断するのに用いられていました。それが唐時代に七曜とともに「宿曜経」として中国に逆輸入され、 それが空海によって日本に伝えられたといわれています。

 日本でも、最初は二十七宿を使用していましたが、貞享改暦以後は二十八宿を使用するようになったようです。 また、八世紀初頭の貴人の墓といわれている高松塚古墳には、二十八宿の宿曜図が描かれており、 二十八宿は空海が伝える以前からあったのではないかと推測されています。
1 角(かく):建築・棟上げ・結婚・種まき吉/葬式凶
2 亢(こう):品物の購入・衣類仕立て・結納・種まき吉/建築凶
3 氐(てい):結婚式・開店・新規事業開始吉/増改築凶
4 房(ぼう):結婚・旅行・移転・棟上げ・新規事業吉
5 心(しん):神仏祭祀・移転・旅行吉/結婚式・増改築凶
6 尾(び):結婚・旅行・移転・棟上げ・新規事業吉/着始め凶
7 箕(き):動土・物品の仕入れ・集金・増改築吉/葬式・結婚式凶
8 斗(と):動土・新規事業・倉庫の建築吉/それ以外は凶
9 牛(ぎゅう):何事にも吉
10 女(じょ):習い事はじめ吉/訴訟・論争・結婚・葬式凶
11 虚(きょ):学問はじめ吉/相談・訴訟・積極的行動・増改築凶
12 危(き):壁塗り・船の建造・酒造り吉/高い所での仕事凶
13 室(しつ):結婚・祝い事・神仏祭祀何事にも吉・増改築吉
14 壁(へき):新規事業の開始・旅行・結婚式大吉・増改築吉
15 奎(けい):宮造り・棟上げ・井戸掘り・神仏祭祀・旅行吉
16 婁(ろう):動土・結婚相談・契約・取引吉・造園吉
17 胃(い):公的なこと吉・就職・結婚式・増改築吉/それ以外凶
18 昴(ぼう):神仏祭祀・移転・旅行吉/増改築凶
19 畢(ひつ):神仏祭祀・結婚式・取引など全て吉
20 觜(し):習い始め・山仕事・運搬はじめに吉/増改築凶
21 参(しん):仕入れ納入取引・お祝い事吉・増改築吉
22 井(せい):神仏参詣・種まき・動土・建築・落成式など何事にも吉
23 鬼(き):大吉日・結婚式以外は何事も吉
24 柳(りゅう):物事を断るには吉/結婚、新規事業の開始・葬式凶
25 星(せい):トイレの改築吉/結婚式・祝い事・種まき凶
26 張(ちょう):祝い事(就職・お見合い・結婚など)吉
27 翼(よく):耕作はじめ・植木の植え替え・種まき吉
28 軫(しん) :地鎮祭・棟上げ・落成式・神仏祭祀・祝い事吉

十二直

 十二直は、日々の吉凶を看る為のもので、古くは中国より伝えられており、正倉院にある具注暦にも記載されているものです。 北斗七星の柄の方向から配置されたもので、昔の暦の記述が上・中・下段に別れていたうち、中段に書かれたことから、別名「中段」 とも呼ばれております。

 現在でも、中国では建除十二神といい良い日を選ぶときの目安として使用されております。